ワンピースコラボのキャラ評価!

ワンピースコラボガチャの当たりは?(攻略)

パズドラ界に鬼滅コラボ以来のパラダイムシフトを起こしたと言っても過言ではないガチャ。全キャラハズレなし、個々の性能も粒揃いで、リーダーサブアシストどれを取ってもレベルが高い。直前のマーベルコラボがこれまた優秀だっただけに、さらにその上をいったワンピースコラボにはパズドラ運営の本気を感じさせる。

*確保数=ねこまる個人の目標確保数

S

・ルフィ 確保数: 5

さすがジャンプの看板、パズドラ王に俺はなる宣言はハッタリではなかった。変身形態はお手軽超火力を武器に超重力ダンジョンさえも蹂躙。コラボ開始時は千手チャレンジも佳境に入った頃とあって、クリアに困っていたプレイヤー達の駆け込み寺となった。

究極形態は変身から一転、単色サブのエース枠としての役割を持てる。サボやサンジなど、同じワンピースコラボに噛み合うリーダーがいるのも大きい。一応自身をリーダーとしても十分な性能がある。

武器もまた優秀で、ヘイスト枠、火力増強枠、価値が高まっている追い討ち覚醒枠など複数の役割を同時に果たせる。どの形態も1体ずつは作っておきたい性能と言えるだろう。

・カイドウ 確保数: 4

すべてが規格外の性能で、その唯一性は尖った性能が多い☆7においても群を抜いている。多色サブに入れておけば、圧倒的な火力で敵を殴り倒すバーサーカーに早変わり。リーダーとしてはルフィやビッグマムには現状届かないものの、低レア強化を山Pが明言している以上は全パラ5倍の実力は侮れない。

武器は自身のアシストとしても強い7c武器で、価値の高まっているドロ強と絶対に腐らないチームHPを複合する優秀な覚醒を持つ。

・ビッグマム(シャーロット・リンリン) 確保数: 4

3色軽減+操作時間固定の強さは、既に花嫁フェノンで実証済み。ラフィーネのルーレットパズルも必要ないためお手軽に攻略ができ、実はルフィよりもいただいたクリア報告が多かった。タイプ縛りも悪魔の実の能力者がいれば人材に困らない。

武器は2種ともに非常に有用で、従来の3色や4色強化武器のほぼ上位互換のような覚醒を持つ。こちらもルフィ同様、複数体持っておきたい性能。

・マルコ 確保数: 2

現環境最強のサブ。高い回復力と万能スキルを活かして、単色から多色までありとあらゆる編成で役割を果たせる。実はリーダーとしても非凡な性能。

武器は回復力を盛りつつ追い討ちの付与ができ、自身のアシストとしても相性が良い。

A+

・チョッパー 確保数: 2

マルコとともに今コラボの裏の目玉キャラ。回復力を補いつつスキルで編成を影から支えることができ、イメージとしては強化版ガンコラベリアルに近い。

武器はガードブレイクが必要なほどの高防御ダンジョン以外ではそれほど出番はなさそう。

・サボ 確保数: 4

超重力ダンジョンにおける、火の新最強リーダー。火の2列でも十分な火力を出すことができ、3列組めば1/80超重力下でも副属性オールカンストを狙える。今後も割合ダメージがない高難易度が続けば、しばらく火パのトップを張ってくれそう。

武器はスキル・覚醒ともに完璧。火パを使うなら武器だけでも複数確保したいレベルの性能。

・ドフラミンゴ 確保数: 3

使いこなせれば最強リーダー。使いこなせれば……。

武器は文句なしの汎用性。覚醒も強い3ターンヘイスト武器として、今後とも活躍すること間違いなし。

・ロビン 確保数: 3

ルフィの7×6枠や擬似的な軽減枠として活躍。5コンボ加算も千龍のボス半分時などのコンボ減算ギミック相手に強い。

武器もトウカループルフィに闇属性を付与するなど、とことん船長に尽くしてくれる。

・ナミ 確保数: 2

雲生成というデメリットによって破格の3ターン継続W吸収無効を実現した。今までは邪魔だった追い討ち覚醒も千龍では大きな武器に。7×6枠にもなれるなど、原作通り主にルフィのサブとしての適性が高い。

アシストは指3秒を盛りつつLと追い討ちを付与でき、こちらもルフィ編成のアシスト向き。

・ヤマト 確保数: 4

使いやすさでは今コラボ最高のリーダー。長い操作時間固定と3色軽減、ループもできる自身の強力スキルは、普段使いから高難易度まであらゆる場面で快適な攻略を可能にしてくれる。

武器は初のスキブ5ターンヘイストの唯一性が周回などで使われるかも。

・ロー 確保数: 3

クロロ・東堂難民待望のリダチェンスキル。基本的にはスキル枠を圧迫しないクロロが攻略では勝るが、変身を必要としないことや多色向きの性能で差別化は可能。より使う機会が多いのは究極で、スキブ9にできる覚醒やトリプル無効スキルが優秀。ルフィをはじめとした強リーダーたちのパーティーに無理なく編成できる。

武器は初の単体火力覚醒持ちリダチェン。今の環境は武器でリダチェンすることは少ないが、選択肢のひとつとして持っておきたい。

・エース 確保数: 2

注目は究極。6ターンで使えるW吸収無効スキルに暗闇耐性と高い火力を持ち、サボやサンジのサブとして必須レベルの性能。軽減が欲しいダンジョンではサボの相方にもなりうる。

武器は現在火で主流の列パでは赤犬に劣るが、99ターン目覚めが貴重なので差別化は可能。

A

・サンジ 確保数: 3

お手軽変身強リーダー。毎ターンの回復生成と自力無効貫通による安定感があり、火力的にはサボにやや劣るものの、あちらにはない半減を活かして多次元などの通常高難易度も苦にしない。次世代型のロボという表現がしっくりくるリーダー。

武器は赤犬とは別ベクトルの火属性付与最強アシストのひとつ。

・サカズキ 確保数: 4

5ターンで使える継続無効貫通と目覚めは破格。特にサボ編成では無効貫通役に適任で、エースやルフィなどの海賊たちと肩を並べて戦うさまはなかなかにシュール。

武器はネルヴァの上位互換の覚醒を持ち、サンジなどの副属性を火にしたいキャラのアシスト最有力。

・白ひげ(エドワード・ニューゲート) 確保数: 2

ついに3色覚醒キャラたちの謎の無効貫通覚醒の伏線回収がされた(?)。超重力でも過剰なレベルの攻撃倍率は魅力的ながら、ルフィで十分という印象は拭えない。ただ割合ダメージのない最近のダンジョンでは全パラ4倍は明確なメリットであり、さまざまなループ系の生成で面白い編成も作れるため、可能性の塊のリーダーなのは誰もが認めるところ。4ターン20%グラビティを活かしたサブとしての性能も十分なものがある。

史上3つ目のスキブ2つ武器は今までで一番攻略向きのスキルだが、スキブ武器の付属覚醒がどんどん強化されている現状では、やはり周回方面の評価になってしまうか。

A-

・フランキー 確保数: 2

本体はスキブを稼ぎつつ覚醒無効回復枠になれる便利サブ。本体に帯耐性があることは千龍では大きなメリットにもなる。

武器は初のデメリットなしの雲帯耐性持ちであり、さらに2ターンヘイストのおまけつき。雲と帯はセットで欲しいダンジョンが多いので、それをひとつで対策できるのは素晴らしい。

・ブルック 確保数: 2

オーソドックスな覚醒と4種のデバフ解除を一手に担う便利スキルを持つ。自身がリーダーにもなれる十字編成ならば火力枠としての働きも可能。

武器はタイプ付与を抜きにしても攻略向きの覚醒で、スキルの内容はどの要素も千龍向き。

・ジンベエ 確保数: 2

エース、ナミ、ローに隠れてはいるが、6ターンで使えるW吸収無効は普通に強い。火力覚醒も揃っているので、水属性パから多色まで火力枠兼吸収無効枠としてサブでの活躍が可能。

武器は50%以上強化が攻略では使いづらい。

・ハンコック 確保数: 3

スキルターン2でスキブ9にもできることを活かし、周回から攻略まで幅広く使える。

武器は攻略において貴重なスキブ持ち12ターン2ヘイスト。ライバルはアバン武器だが、L字よりドロ強が強い千龍などではこちらを積極的に採用したい。

・ゾロ 確保数: 2

進化前はリズレットの相方向きだが、そのリズレットの方がスキル、リーダースキルともに使いやすい印象。リズレットのサブとして無効貫通スキルを増やしたい時には有用な性能だろう。究極は木の自傷キャラや50%以下強化の充実待ち。現状なら多色サブとしても面白いかもしれない。

武器はフェイタンの上位互換の覚醒で、2ターンダメージ無効で初手のターン稼ぎなどもできるのが優秀。

・ウソップ 確保数: 2

2ターンで使える超便利スキル持ち。超覚醒をつなげ消しにすることでリズレットのサブや相方、10cにすることで多色を含めたさまざまな編成にも入れられる。

武器もリズレットのアシストとして使える性能。

B+

・バギー 確保数: 3

攻略において要所で役立つスキルと耐性埋めが優秀。超重力でなければ最低限の火力を出すこともできる。

武器は唯一のバインド+4色覚醒持ち。トウカくらいしかバインドのない3色or4色キャラがいないためビッグマム武器を優先することが多いが、今後のキャラ次第では評価が上がってきそう。

・キャプテンキッド 確保数: 3

全パラ補正と天井なし倍率は超重力向きリーダーの条件。パズルの煩雑さを鑑みるとまだ趣味パの領域だが、十字パのなかでは攻略の最右翼と言えるだろう。

武器は数少ないスキブ+無効貫通覚醒が強く、スキルも序盤のターン稼ぎから指返し、ボスの発狂まで使い道が多い。

・スモーカー 確保数: 3

ハルクと組み合わせることで、擬似的に蒙武&リズレットのような動きができる。雲を作るのは難点だが、蒙武難民には嬉しいループスキルになるだろう。

武器はハルク武器が強力なライバル。体力タイプ追加が役に立てば差別化も。

・クロコダイル 確保数: 2

軽減率を補えるリズレットの相方としては最高クラスのリーダースキルを持つ。付属効果によるターンの重さは気になるが、スキルもW吸収無効と及第点。割合対策が必要なダンジョンなら木つなげ消しの有力リーダーになるだろう。

未知の新星はどちらも毒耐性が必須ではないので出番は少ないが、武器も覚醒は悪くない。

・カタクリ 確保数: 2

覚醒は素晴らしいが、他は役割がラフィーネと被るので採用の優先順位は低め。ビッグマムやヤマトなどの相方としては選択肢に入るだろう。

武器は闇の以下パを千龍で使う場合の属性付与武器なら悪くない。

B-

・キャロット 確保数: 2

高い火力に加えグラビティスキルが優秀だが、変身後のスキルを使うと元に戻ってしまうのが致命的。2色激減と4コンボ加算リーダースキルを持ってしても、同じ5消しならルフィが優先されてしまう印象。

武器の3色強化+ドロ強8個は自身の編成のアシストとしても最適。ライバルはスキブも付いたビッグマムの3色武器だろう。

・ミホーク 確保数: 2

上方修正でリーダースキルに7×6マスが追加され、タイプを付与すればキャプテンキッドの7×6枠などで使えるように。闇十字で高い火力を出せるが、十字複数は流石にお手軽さには欠ける。

武器は単体十字火力を最大限高められるが、攻略で使うならもう一声ほしい。

☆7は交換すべき?

今回はすべての☆6が交換に使える神ガチャなので、最レアは必ず1体は交換しよう。ルフィに関しては5〜6体、マムやカイドウは3〜4体までは交換できるならしておいて損はない。

フェス限を交換に出すのはもったいないので、↑の個別解説の確保数を目安に(私の目標ラインは課金者目線なので、無課金微課金ならそこから1〜2体減らすイメージで)交換の弾を選定してほしい。

レイリー、ウタは交換すべき?

さすがワンピースコラボとあって交換キャラまで隙なく強いので、各1体ずつの交換はおすすめしたい。最近は上限解放の価値が落ちた関係でメダルも飽和しているので(個人差はあるが)、複数体の交換もあり。

ワンピースコラボガチャはひくべき?

すべての石を注ぎ込んでいいガチャ。ハズレキャラなし、しかも☆6が交換に使えるので見方によっては実質全キャラ☆7フェス限といってもいい。後悔のないよう、全力で引きにいこう。

この記事を書いた人

主にパズドラの攻略編成の紹介やキャラ性能評価などをしています。
twitterもぜひ♪→
https://twitter.com/nekopazznisei

ねこまる2世をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました